プライドを持って添乗員として働く夫

添乗員として給料は良くないですが、プライドを持って働いています私は海外旅行のツアーに同行する添乗員をしています。
派遣という形が多い添乗員の仕事ですが、私は専属としてある旅行会社に勤めています。

私はこの仕事に就いて12年ですが、誇りとプライドを持って働いています。お客様を相手にし、海外の文化の違う場所で対応をしなくてはならないので、やはりご納得いただくのが大変な場面等もありますが、その状況の中で気持ちよく旅行していただくために添乗員がいると思っていますので、同行している間はお客様の安全確保と、お話しするときの1つ1つの言葉に気を遣っています。

ただ、他の添乗員をみてて思うのが、何でもかんでもお客様のいいなりになるのが良い添乗員だとは思いません。やはり公的秩序は守るべきですし、案内する人間として守らなければならないことは伝えるべきだと思います。

私がお客様からお褒めの言葉をよく頂くことに、上記のことが挙げられます。
たとえば、写真撮影が許可されていないところでも、他の添乗員は見つからなければ大丈夫、と言い撮影を許可するようなことを言う人もいます。日本へ輸入が禁止されている生ハムなどの生肉を見つからなければ、と案内する人もいます。私は案内する人間がそのようなことは絶対に言ってはならないし、説明するべきだと思っています。お客様が間違ったことをすれば、同行する者として注意もします。

添乗員は下僕ではありません。お客様サービスだからといって、何でも言いなりになるのも間違いです。お客様は子供ではないので、キチンとお話しすれば分かってくださいます。これからも誇りを持ってこの仕事を全うしていきたいと思っています。給料は仕事の大変さを考えると決して理想的、良いとは言えませんが、大変満足しております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>